Loading

星光の社会貢献

地域再生支援

長野県北部の山間部に位置する高山村は、リンゴやブドウなどの果樹栽培が基幹産業でしたが、農業従事者の高齢化や耕作放置地の対策として作業負担の少ないワインブドウ栽培の振興と、若手農者就労者の受け入れに取り組んでいます。「信州・高山村ワイン特区」の認定を受けて、栽培から醸造の人材養成のために自らワイナリー建設と販路開拓も始めました。
弊社は社会貢献活動の一環として、内閣府から「地域再生計画」の認定を受けて世界に誇れるワイン産業地区構築に取り組む長野県高山村を支援しており、村と連携しながら「企業版ふるさと納税」制度を活用して支援活動に取り組んでおります。
http://www.vill.takayama.nagano.jp/

芸術への貢献

星光は豊かな生活文化の発展に寄与するため、「松瑞展(しょうずいてん)」という美術展の後援をおこなうことで文化貢献活動に取り組んでいます。
著名作家から日曜画家、学生、主婦等、経歴を問わず様々な分野で出品できるように配慮することで美術を楽しむ人たちの交流と研鑽のサポートを目的としています。
この活動は2017年9月で第48回を迎えることとなりました。
http://syouzui.info/index.html

*画像をクリックすると拡大されます

相撲の振興

創業者の北山末吉は、大阪国技館(城東区・関目)の時代から大阪大相撲を支援しており、昭和12年に、相撲の奨励と振興をはかる目的で設立された「日本相撲協会東西会」発起人メンバーの一人でした。戦中・戦後の食糧難の時代、相撲人気が盛り上がらない時代も一貫して「日本相撲協会維持員」「日本相撲協会東西会」を続けています。3月場所には土俵に一番近い席の東西で、そろいの茶色の羽織を着て相撲を観戦します。

文化財保護

元興寺文化財研究所賛助会員
近鉄奈良駅から南に1Kmほどのところにある元興寺は、平城京遷都に伴って、飛鳥からこの地に移転してきた古くからのお寺で、奈良時代は東大寺、興福寺と並ぶ大寺院でした。古都奈良の文化財の一部として世界遺産にも登録されています。全国各地の多様な文化財を発掘・調査・保存に力を入れており、公益財団法人・元興寺文化財研究所を設立しています。この趣旨に賛同して賛助会員をしています。

PAGE TOP